感染性医療廃棄物を一括投入
攪拌翼を回転し、
ムラなく投入します。
ダイオキシン抑制添加剤の散布
※プラスチック系重量の1/10
炭化処理後、
炭を掻き出します。
炭化処理後の炭

ダイオキシン特別措置法により定められている、環境基準の適合機です。
近年、全国の医療施設で問題となっている医療廃棄物。
なかでも廃棄にあたって十分な注意の必要な感染のおそれのあるごみをすべて高温下で炭化させ、安心して廃棄できるようになります。
また、燃焼に伴い心配されるダイオキシン類及びばいじんに関しても、排出を抑制し、生活環境の保全を図った設計です。
  
感染性医療廃棄物、プラスチック系、透析血液等の廃棄物を一括投入し、炭化
炭化温度600℃〜700℃の高温のため完全炭化
廃棄物の減容・減量処理機
■標準仕様

※廃棄物の種類・含水率・形状などにより燃料消費量、処理時間、減容率は異なりますので、ご承知ください。
●処理不能品:金属・陶器・ガラス

■オプション仕様
●温水供給装置 ●都市ガス、LPG仕様 ●炭排出集塵機
●外観:ステンレス仕様 ●廃棄物移動油圧リフター(上・下) ●温度記録計
●炭選別機(炭と注射針、ガラスなどを分離)
■保守・メンテナンス
●導入後、半年間は当社責任により保守・メンテナンス実施します。
●日常点検はユーザー殿で実施願います。(取扱説明書に明記)
●年間保守契約に基づき前川製作所が実施いたします。
■実績減容率、減量率
●減容率:1/40 ●減量率:1/10以下ダイオキシン特別措置法により定められている、環境基準の適合機です。



Copyright(C)2003 MAEKAWA SEISAKUJO CO.,LTD All rights reserved